セっクスレスの婚姻は3本の道に直面します

セっクスレスの婚姻は3本の道に直面します。

1、補修することです。即ちすぐ夫婦間のセっクスレス状態を変えることです。 素直に、婚姻自身がセっクスライフには影響しないですが、むしろ夫婦関係の優劣がやっとセっクスライフに影響することができると言います。結婚した後、夫婦関係がさらに深めてやっとセっクスライフが楽しむことになれます。婚姻は愛情の終点であって、決してガソリンスタンドではありません。

2、婚姻を解体することです。自分を解放するのは同じく相手を解放することです。人生は短くて、性愛を愉しむ時間もさらに短いです。女性に対して特に短いです。なぜぜひとも1回の生命がない婚姻にしっかり引きずりますか? 私、ずいぶんセっクスレスの婚姻状態にいる女性の友人と話したことがあります。たとえすでにとても長い間我慢していますが、たとえ愉しむ時間はまだ1年が残っていても、勝ち取りに行くこともできますよ。これはやっと生命を対処する積極的態度ではないでしょうか?

通常、成人は1日1回タダラフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口服用する。10mgの服用で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができる。軽度又は中等度の肝障害のある患者では10mgを超えないこと。

3、維持することです。これは最も賛同しない生き方です。私は自分のために結婚すると自分のために生きると提唱します。男性か女性であるかにかかわらず、また存在した婚姻の中に偽面夫婦の婚姻にかかわらず自分とすることができるように活きていくはずです。自分とすることができる婚姻は本当にやっと生命の実質と一致します。ただ道徳の影響、文化の影響、社会の影響などはずいぶん婚姻の主権を左右しています。たいへん多い婚姻は全て社会責任に慣れて自我権利を放棄します。実は私はこれが悲しいことと考えます。

性愛は婚姻にとって、パンに小麦の粉のようなもので、あるいは欠乏してはいけない部分です。

セっクスレスと調和しない婚姻は悲しいことです。たとえ性愛は主役を占めないですが、ただそれがいないと絶対に駄目です。愛は性愛のため美しくて、性愛と婚姻は互いに補っています。みんなが私の観点に賛成するかどうかか知りませんですが、絶対皆さんにはっきりセっクスレスの生活に対して何かい解決の方法を手に入ったでしょう?