飛行機のクスレス解消10個の健康を提示する

p <いち> <時.帯空き瓶た安全検査.
ナセル、脱水、搭乗前と飛行中、水分補給の最適経路を防止するために、水分は、脱水、脱水、脱水、脱水、脱水.瓶詰めの液体の安全を禁止する液体を禁止する.空き瓶を検査して、便利に水を飲む.

p <>に<被害に使用しなければならない.公衆小

p衝便座も細菌を媒介する、距離が近い、細菌の危険が大きい.提案:なるべく公共トイレで、飛行機の中で便座時、先に便器の蓋を置くべきだ.両手を避けるために直接接触便座カバー、ハンドルや蛇口を徹底的に手を洗ってトイレ後.

p>さん<<時.ステルス

鏡を摘む.
梁間は湿度が低い、目が乾いて、手で目をこすって感染しやすいウイルス.アドバイス:常に手洗い、または、ティッシュペーパーを持って、手で目を接触することを避ける.また、搭乗前にステルスメガネをはずし、フレーム眼鏡をかけても.

p〉〈時はよんしよ<」.自分を備えて条薄い毛布.
風邪とインフルエンザの交差感染を防ぐため、航空会社は毛布と枕を提供しない.アドバイス:軽便、折りたたみ毛布やストール、なるべく多めに服を着て.また連れ一護を枕に首は、快適で防菌.

p〉〈時はご<〉.美食1回再搭乗.

美食後更によく眠って、しかしアメリカ食品薬品監督管理局は発見して、ほぼ2年、多くの航空のケータリング会社食品衛生と安全問題が存在する操作のコーナー.アドバイス:食べ物、あるいは空港で野菜と赤身が多い食べ物を選んで.

p〉〈時はろく<〉
媚薬購入.搭乗前後にお酒を飲まないで.
搭乗前または飛行中に飲酒またはアルコールの飲み物を飲むと、体が脱水しやすく、機内湿度が低くなり、風邪とインフルエンザの抵抗力を低下させることになります.提案:搭乗の前後、お酒を飲んではいけない.

p〉〈時はななしち<>離着陸時かむ時.
口香
糖.

、気圧変化、飛行機が離着陸時、多くの人はいずれも症状が耳痛.提案:ガムや嚥下アクションを緩和して耳痛、あくびも同じ作用.もし耳痛は頻繁に発生して、最も良いヘッドホン.

p <>はち<被害防止.選鼻
>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です