歳月は非情にシュチエーションが難クスレス解消しい

最近友達の家族と私は見ていても以前より老け,確かに歳月人を待たず、自分を認めざるを得ないような光.

アルバム、今と1年前の写真を見ながら、物寂しい、非情な歳月、非情な人生、非情な運命.

で彷徨うの端に戻って最初の現実に,クスレス解消、自分はずっと変えたくも多く、ずっと自分を変えることができてとても多くて、しかし私達は本当にならず者のふりずんばい、たぶん創巴仁波切が言ったようにをもつようになった結婚、2人の間に幼なじみの特質を失い、彼らの間になった厳粛な公民関係.彼らは自分の意思と信念を発揮し、努力のために、結婚、彼らはすべてのユーモアを喪失している.合法性は彼らの関係を1つの厳粛な境地に変えて、元の関係の持続状態にならないで ペニス増大利器.

もしもし婚前のあの友情が婚姻に発展することができて,夫妻の間は最終的に1種の発展を発展することができることを発展させることを発展させることができます.ひとつの関係において、あなたはお慷慨の勧進感を感じて、良好なコミュニケーションの基点です.結婚は二人分で共同基底に、一方の苦境を提供し、一方で堅固な利益問題解決.

事実は分かるかもができるとは限らない、まるで江戸っ子は五月の鯉の吹流し仏典のを読んで、実はただ本当には仏経透徹する必要がまた繰り返し念ずる、もはや必要とうそをつく.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です