私は酔う、あのクスレス解消一抹(一)の景色(一)

金黄色の日光は道を敷いて、静かに時の流れを感じていて
興奮剤.季節の変化に、生活は私の滴っを賜るていた……

p>軽筆<で書いてあれは1筋の風光を酔わせる……

P春が来た.

p来て、来て、本当に来て、本当に来て……つばめがけたたましく、君の消息を届けている.

て襲白い紗を振って,クスレス解消、空の雲で輝くような新緑の草原、高貴なプリンセス、天の精霊、あなたがひらひらと近づいてくる……

p>流れて靑い空<湛の絵巻にはめ込まれて、白い雲.あなたにとって一番心からの期待は、大自然の祝.天然の絵巻、ただあなただけが色を添えて色の図を添えて、この独特の静謐を破壊することはできません……

多情湖畔、たゆうのさざ波、あなたの呼びかけに対して、あの人の絆に対して.そのあでやかな柳、再も思わずあなたの魅力的な魅力、抽出新芽が好きで、胸いっぱいの,あなたを待っている彼の腕に吹かれて……

P靑緑草むら,蝶は遊んで、チャーミングな曲線を描いて、今の夢に沒頭.

pは聞いて!その素敵な声は.聞く!うれしいメロディー!音符の鼓動があるように、まるで鍵盤の起伏が、美しかった美しかった……穀間の小川は、彼女は春を献上した曲を酔わせる楽曲、つきまとっている穀、旋回圃場……

美春美春春、本当に来たのです.氷結の大地を解け、眠っているカエルを騒がす.勤勉なハチ、夜明けの楽章を奏でて……

私は酔って、あの一抹の景色は……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です