警戒する!食クスレス解消べ過ぎると癌になりやすい

健康な食品は癌の直接誘因です.天津市腫瘍病院消化腫瘍内科主任バギー教授、復旦大学腫瘍病院の大大腸癌治療センター主任蔡三軍教授らの専門家は生命時報記者に紹介します.まず、野菜の果物などの食物繊維の補充不足、赤身が食べ過ぎて現代人の食卓になっている
メガマックスウルトラの通販.でも、蛋白質、脂肪の分解生成物に含まれる発ガン物質よりも高いセルロース、作用に腸粘膜の時間も長いし、そのため更に易誘発がん.バギー.癌、子宮内膜、卵巣癌、前立腺ガン、胆嚢ガン,クスレス解消、膵臓がんなどの発生もすべてとこの関係が発生している.次に、変質して、カビが生える食べ物に含まれるアフラトキシンなどの代謝物が発癌.調査によると、食糧、油、食品受けアフラトキシン汚染の深刻な地区、肝臓がんの発症と死亡率が高く、飲用水汚染地区、水中に含まれているので靑緑藻毒素、フミン酸などの物質、胃がんや鼻咽癌などのがんのリスクも高い.に殘飯をしても油断できない.大連栄養学会常務理事王兴国紹介、野菜が長く貯蔵する亜硝酸塩、亜硝酸塩は長く置のあまりに含有量が高い.もう一度、塩辛いを食べ、問題をもたらすかもしれない.日本の厚生労働省によると、日本人は胃癌が高いと指摘、事実上は主に食事と関係があると指摘している.簡単に,塩分を摂取するのが多すぎ、ビタミンCが不足していると簡単には.そして保存食品だけでなく塩が多く、しかもその中のくわえた亜硝酸塩胃酸や細菌の作用の下で変わるからニトロソアミンやすい発癌.最後に、食べ物はスモーク焼き過程の中に大量の多環芳香族炭化水素化合物で、その中の物質ベンゾピレンなどが肺癌、胃癌,食道がんの“元凶」.一方、さらに人によらないは、いくつかの誤った食事を事実上もがんする禍源がある.食べ過ぎて、暴飲暴食:食事の量には、大多数の人が知っている毎食腹八分目は健康に有益だが、一日三食も無茶食いをする者もいる.節制の飲食は人の胃、腸などの消化システムが常に緊迫の仕事状態にあるため、各内臓器官も超荷重利用に利用できない.さらに、最近では、日本では東京で発表した研究成果によると、男性は食べるのがあまりにいっぱいになると、細胞がん化抑制遺伝子活動能力の低下は、がんのリスクの増加.研究者の調査にいくつかの男性の食習慣は、“を発見し毎食腹いっぱい」と基本的に腹八分目の人に比べて、前者が肺がんの確率が大きい.一教授は暴食暴食の同時に、酒、喫煙、そのほうが体に、食道がん、胃癌、膵臓がんなど、多種消化システム腫瘍がこれについていると強調している.胃と食道は、胃と食道は、最もよく通っている.高温と高温で消化道、口腔粘膜は、その上皮発生、爛れる、出血など、不良刺激を繰り返し、がんを誘発する可能性があります.そのために慣れて、熱いご飯を食べて、温かいものを飲みの人の口腔、食道癌になるリスクが高い.