何は咳のクスレス解消民間の処方治療咳卵砂糖和え

Pシーズン交代、寒かったり、秋の気候が乾燥し、肺肺になりやすくなり、秋咳をしています.秋の咳に愈えない、あるいは乱用咳止め薬があって、すべてを引き起こす可能性がさらに気道感染を招き、さらに肺炎!を振り切る秋咳をして、おしゃれ網あなたに教えてよんしよの咳を止めて肺を潤すことの食療の方.

p> <いち、ニンニク敷足裏治療咳、鼻血、便秘

毎晩寝る前に足を洗う後、ニンニクを薄切りにつけて足の裏湧水ツボに(位置いち/さん足先)、医療用テープ貼りで密着牢;時間はち時間ぐらいで、咳、鼻血(通称:鼻血)や便秘に一定の効果を,連続敷7 – 10日、効果より良い.

少数の人は土踏まずに倉敷をつけて、停止することができて、停止することを停止して、水泡に破れた後に皮膚は復元してまた貼って貼って,普通は肉刺.

p2、白砂糖は卵治療咳

を治療する

慢性気管支炎をわずらって人、風邪後咳を発生しやすく、胸痛息が切れるいや不安.砂糖を卵で和えるた後に服用し、効果は良いです.

方法は次の通り:新鮮な卵を一つ、ワンコに持たせ、かき混ぜない割れ卵黄、卵白の量を加砂糖とスプーン1杯の植物油、鍋中隔水を煮て、夜寝る前に一度は熱いうちに食べて.2~3回咳をしたが治る 媚薬通販.咳頑固者は何度か食べることができます.

3、杏仁は咳を治療する2法

を治療する

の肺虚せき愈しの方法:甘い杏仁約にじゅうグラム、ろくじゅう℃でお湯は皮をほぐし、皮を砕くと考え、米(50-100グラム)と水を入れて煮て、煮え立つじゅうグラム氷砂糖、煮詰める稠状の食用することができます.

て熱風邪、咳が止まらないドラマには、甘い杏に殘ったアンズのさね砸开取杏仁、かん服の後にドラマ咳を止めて、後2時間おきに噛む服、服を2回さえ、咳は基本的に治癒する.

よんしよ,クスレス解消、塗布風油精咳止め抗喘息

喘息持ち咳が止まらない時は、使用前首首風油精外塗ると両方に、すぐに止まらぬ咳、同時に痰喘.